Learn 野球選手のトップクラス5億円か稼げないの1億

Learn 野球選手のトップクラス5億円か稼げないの1億人の日本人か相手てないでありクリケット選手のトップクラス30億円稼ぐの13億人のインド人相手ているだ聞き。クラシック音楽の価値、ついて

価値いうの、クオリティでなく数、いう話聞いたこ

例えば、世界第1位の品質の商品で、誰欲らず買わなければ価値 ゼロである か、世界第10位のクオリティの商品で、10億人買うなら、そちらのほう価値高く社会貢献度高い、いう理屈

野球選手のトップクラス5億円か稼げないの1億人の日本人か相手てないであり、クリケット選手のトップクラス30億円稼ぐの13億人のインド人相手ているだ、聞き

質問

絶えず新いの取り組み、一人で万人呼べる大衆音楽のミュージシャン 片や、50人かりで1000人呼べない吹奏楽やオーケストラ 比較なら前者のほう圧倒的価値高い、いうこでょうか 価値数なのか

大作曲家提示たこ、わかっているこ、知っているこ、繰り返すこ、どういう価値か 実は世界で3番目に競技人口が多い。競技人口は億万人と言われており。野球競技人口万人倍の競技人口
がいるのです。この数字からもクリケットが世界中で人気のスポーツだと分かり
ますね!特にインドでは最も人気のあるスポーツと言われて

dazn。他球団とは文字通り「ケタ違い」の金額だという。, が巨人に支払うネット
での配信料が年億円以上。この事業モデルでも。日本のプロ野球ははるかに
後れをとっている。, 年前で既にで一番ネットの配信料が高い巨人権料は
言えないがリーグ年億円の方が高かった?スカパー!万人解約?スポナビ
終了で?強体制?へ☆ の配信権が高いのも。が全球団の配信
権を一括で管理しているからです。, 全球団の放映権。およびクリケット転身の元プロ野球選手。野球と違って素手で守備するため打球処理の際は。指を交差させる必要がある
このままでは終われない。プロ野球広島。西武クリケット転身の元プロ野球
選手 目指す舞台は平均年俸億円超の世界最高峰リーグ あの人~

夢は年収30億円プレーヤー。クリケットは年収の高い競技と言われており。年のクリケットインド代表の
マヘンドラ?シン?ドーニ選手が一年間で稼ぐ給料は日本円で約億円と言われ
ています。年のイチロー選手の年収が約億円メージャーリーグ位だっ
た西武から戦力外通告→クリケット選手に。横浜。広島。西武の球団で。年間プロ野球選手として活躍
した木村昇吾選手。年に西武的なファンの多いクリケットの世界には。
スポンサー料なども含めて億円を稼いでいるトップオブトップ選手がいるとも
聞いた。のプレーヤーになってみせる。億円プレーヤーになるという夢に
向かって登るルートを変えるにすぎない。自分の道具をグラウンドまで取りに
行って。アパートも急いで解約の手続きをして。滞在している日本人の

Japan。クリケットを知らない人でもクリケットを簡単に理解できる楽しい内容になっ
ています。特にインド。パキスタン。スリランカ。バングラデシュなどの南
アジア諸国では。圧倒的な人気を誇り。トップ選手の年収は億円を超える。Learn。2番目の議論は日本の外国人労働
者の気化に関するものである。
40人クラスで女子は18人です。4億人の人が英語を第一言語として話し
ます。5人の選手でローテーションを組んだ。b世界中の人が同じ言語を
話すわけではないので。現在。翻訳に多くの努力が費やさ。アメリカ人が野球
を好むように。イギリス人はクリケットを好む。日本の人口は約1億2千万人
です。プロ野球の「1億円」は10人に1人。日本人プロバスケットボール選手として初の億円プレーヤーとなった富樫勇樹
右。のリーグ。ラグビートップリーグなど思いつくが。年俸が華やかな
イメージと言えば。プロ野球とリーグだろう野手。柳田悠岐億万円
。内川聖一。松田宣浩億円。今宮健太億万円。中村晃億
万円。明石健志。長谷川勇也億円初恋みたいな存在」「どんな人生にも
ない感覚」フィギュア引退選手たちは何を語り。今後何をするのか

クラシック音楽の価値はお金なんかではありません。コンサートやCDを聴いて、一人でも感動すればそれで十分価値はあります。さらに、フルトヴェングラー、ワルター、シューリヒト、トスカニーニ、メンゲルベルク、クナッパーツブッシュ、アーベントロート、フリッチャイ、ムラヴィンスキー、E?クライバーらと並んで、史上最高の指揮者の一人であった朝比奈隆は曰く、「ベートーヴェンの音楽に一生のうちにいっぺんでも触れる人と、いっぺんも触れない人とでは、こんは雲泥の差である。」つまり、もっと言うなら、一人でもクラシック音楽というものに触れる人がいれば、それだけでも十分価値はあるということです。そもそも、クラシック音楽を聴く人なんて、全世界でも1%に満たないわけですから、冨田勲の「惑星」や、スイッチト?オン?クラシックのような稀なケースでない限り、そうそう売れるものではありません。芸術家は、仕事仕事になったら終わりです。何年も何十年も聴き続けられることでしょうか。しかしその間に長い空白期間があるかもしれません。私は若い頃ビートルズが好きでした。けれど、今はあまり心に響きません。永遠の音楽だと信じていたのに???こういう空白があってもクラシック音楽はよみがえってくれます。この前、改めて聴いてみたらモーツアルトが新鮮でした。かつてはこんなに輝きませんでした。ブラームスの三番がなんて秋に合う事でしょうか。若き日に聴いて今なお心の琴線に響くのです。ビートルズにはこんなことはないのです。しかもかつてより深く響きます。より新しく???こんなことは他では考えられません。R. シュトラウスの変容を聴き、四つの最後の歌を聴いてみました。今の方が深く響き感動できるのです。こんなのはビートルズには期待できませんね。ここにクラシック音楽の価値を認識した思いがしましたね。価値をお金に例えたら、単純計算で、数になるけど、人の価値に対する感覚は、もっと複雑怪奇、他人の単純すぎる主張に惑わされずに、自分の価値観を信じましょう。「支持される事」と、「価値のある事」は分けて考えた方が分かりやすいと思いますよ。一緒くたに結びつけようとするから「本当の価値」が分からなくなると私は思います。それは「価値」とは個人の感覚であり結果、見解である、との思いがあるからです。数とは「支持」である事、だと思います。それに「価値」は当然ありますが、自分個人の「価値」には結びつかない事も多いと思います。決める、求めるのは「自分」である、という前提を踏まえていれば自ずと答えが出てくると私は思います。たとえ数人しか支持がなくとも自分にとって大切な事柄、物、人には価値があるもの、たとえ数億人に支持されようとも興味がない、必要と思わない物には自分にとって価値のないもの、だと私は考えるようにしています。>何が、数、以上の価値を生み出しているのでしょうか?★階級制です。//////中華料理は、清朝が崩壊して、宮廷料理人が野に放たれた産物なのですよ。仏料理、土耳古料理も同じ様なものです。元々、楽器演奏やスポーツは、被差別階級の人々が社会でのし上がる為の手段です。//////クラシック音楽に関しては、この本に明確に書かれています。岡田暁生著『西洋音楽史―「クラシック」の黄昏』「中流に芸術無し」と言います。//////英国では顕著です。下層階級の人は、「ロック?ミュージシャン」「サッカー選手」になるしか、のし上がる手段が無い、と迄、言われていました。//////日本国内に居ても解らないので、様々な国に行って、肌身で感じて、日本の音楽事情に心を致してみてください。吹奏楽部は、集団教育の一環なので問題外、クラシック楽器演奏は御稽古事の延長でしか無いから、国内では、底辺が広くても頂点が作れないのです。//////世界の野球人口の4割近くは、日本国内在住者なのですよ。「王貞治?張本勲?金田正一」三巨頭は、何れも元在日外国人ですよね。日本のプロ野球は、大リーグの二軍でしか無いから、年俸が安いのです。文化的にも植民地ですから、仕方がないでしょう。「正力松太郎」はCIAのスパイでした。いくら大衆音楽でも一人で何万人も呼べるミュージシャンなんてほんの数えるだけです。しかし50人がかりで1000人も呼べない吹奏楽やオーケストラはほとんど全部なわけで比較が公平でないと思います。金のことを言うなら今やクラシック音楽家より収入が低い大衆音楽ミュージシャンがザラです。私はザ?ブルーハーツのデビュー前に音源を聴かされて「こんなのダメですよ、ボーカルの音程悪いしドラムはハシってるし」と言ったのですが彼らがデビューしたら爆発的に売れてしまったという苦い経験をしてまして、まあそれは若者の心をつかむ商品としての価値があったわけです。しかしクラシックで音程が悪いとかリズムが良くない演奏だったらいくら心をつかんでもダメ出しされるじゃないですか。吹奏楽コンクールだったら地区予選落ちだしプロの演奏でも酷評の嵐です。ましてや容姿端麗や親の七光りの演奏家だったらやっかみも含まれバッシングされます。ジャンルに関係なく人間というのは、新しいことだと思ってやるのは誰もができる簡単なことだと思うんですよ。基準はその人なので。しかし世間から新しいことだと認められるのは数万人に一人ぐらいなもので、価値があるのはその人だけです。反対に、わかっていること、知っていることを間違わずにやるのは人間はとても難しいですね。基準が第三者の中にあるから自分なりが通用しないのです。ピアノも管楽器も止まらず間違わずやるのが精一杯の曲がたくさんあります。大作曲家が提示したことを再現する人を育てるため国立の大学があったり欧州では政府から補助金が出たりします。つまりクラシック音楽の価値とは、国に認められることじゃないでしょうか。> 価値とは数なのですか?あなたの論点は、商業価値か、芸術価値か、です直木賞か、芥川賞か、です芥川賞が、無くなることは、無いですよね、それが現実ですまた、たとえばアインシュタインの、相対性理論の論文、或いは専門的な解説書、これが、バカ売れしますか?しないでしょうなぜなら、大衆は、理解する脳みそが無いからです>大作曲家が提示したこと、わかっていること、知っていること、これを繰り返すことには、どういう価値がありますか?この文章が、よく分からないのですが、要するに「名声はあるけど、売れない音楽」と理解して書き込みますが、価値があるから、認められているのです、それが大衆人気があるかないかの違いです価値というのは、クオリティではなく数、という話を聞いたことがあります。この前提がおかしいように感じます。あなたの質問は、この前提を土台に組まれていますが、肝心の前提に説得力を感じません。クリケットなんか知らんがな汗なんかの漫画で「このコーラとハンバーガーは世界で最も売れている。だから世界で一番美味しい。」みたいなの見たことあります。ネットでよく出回る画像です。ご質問の前提は、それにも似たような極論に感じます。話や分野にもよるので一概には言えませんが、例に挙げられている音楽や回答で出されている食べ物に限っていうのなら、「価値=数」はあまりにも無理があるでしょうね。そもそも文化的な価値は数値ではかれるものではありません。クラシック音楽に限らず、美術や文学みんなそうです。じゃあそもそも「価値って一体なんぞや?」という話をし始めると、これは永久に終わらない議題です。ですから、その中の1つどこかこの場合は数に偏ることによって議論を収めてる感があります。それはもう、価値論?価値哲学の範疇だね^^/しかも様々な価値を混同しているこの質問に明確な答えは有り得ないよ ′?`「価値」のものさしは、多様だと思います。金銭数希少性他にもものさしはあるでしょう。一食3万円の食事と一食1,000円のファストフード。その一食を比較すれば3万円の方が高価値でしょうけど、1日や年間の売上高を考えたら1,000の方が高価値と言えるのかもです。「これの価値を〇〇の観点で評価すれば」という前提を共有することが、価値を語りあう上で大切だと思います。価値というものには多面性があるとは思いませんか。別の方の回答に対して3万円のコースの価値が高くて700円のファストフードには価値が無いと一刀両断されていますが美味しい料理を作るために材料や料理法の自由度が高い3万円のコースを一部の人だけに提供するための料理人の努力と、限られた予算の中で、いかに工夫して商品の質を上げて、何万人もの人に、客が期待する品質を裏切らない商品を提供する努力はどちらも価値が有ることだし、良い商品をお客さんに提供するという目的は一緒だと思うのですが。方法論が違うだけで音楽に関しても一緒で、長い間演奏され磨かれてきた名曲を後世に伝える価値と商業的に成功して、マニアではない多くの人に音楽を提供する価値は両方必要で、同列に比較すること自体に無理があると思います。かつて海外に出る小澤征爾に対して山本直純が言った言葉で「おまえはヨーロッパで頂点を目指せ、俺はその間に日本で裾野を拡げる」という旨のことを言ったそうですが、これは決して山本直純の敗北宣言ではいと私は考えます。質問者さんの他の質問を見てもそうですが、相変わらず条件設定が0か100かでその中間がありませんよね。また、一部の事象をみてそこから一般的な原理原則を導き出すのが好きなようですが、そういった演繹的な考え方をするにはあまりにもサンプル数が少ないし視野が狭いように考えます。一度、帰納的に、ご自身が考えた原理原則が本当に普遍的でいろいろな事象に当てはまるか?逆のルートで考えてみてはいかがでしょうか。クラシック音楽の価値、について↑クラシック音楽を、「価値」と言うような事は、今まで考えた事は全くなかったですね。マクドナルドに代表されるようなファストフード、ジャンクフードは世界中で人気があり出荷数、売上高は天文学的になるでしょう。では、古くから食されているスローフードには価値が無いのでしょうか?恐らく誰も「一生マックだけ食べていれば良い」とは思わないでしょう?「味が美味しいから」、「体に良いから」と云う単純な理由だけではなく、長く食されてきた食事には人生の基盤を形成している複雑で多面的な要素があり、失って見て初めてその喪失感に気付かされるものです。>価値とは数なのですか?うんにゃ。>どういう価値がありますか?古典落語とおなじ?o?補足>錯覚なのでしょうか?錯覚妄想?o?たしかにそういう考えもできると思います。難しいところですね。現時点だけを切り取れば前者の方が価値が高いかもしれません。でも、今の曲が何百年も後世に残るのか…。クラシック曲は何百年も残っているわけですから、価値が高いともいえると思います。商業的価値と文化的価値は同等ではないように思います。商業的価値観は時代とともに変わるでしょうけれど、文化的価値はミーム、つまり昔から今へ、そして未来へ継がれて行くものと思います。現在「クラシック古典」と呼ばれる音楽が例えばバロック時代真っ只中に「古典」と呼ばれていた訳がないとは思います。当時から売れていたにしても死後評価?再評価にしても、当時の音楽が現代まで遺った事、それがゆえに近代において「古典」と呼ばれるようになった事。恐らくは今後も演奏され続け遺って行くであろう事。数が云々よりそういった事に価値を見出すべきではないでしょうか。わかっている事知っている事を繰り返して行く事がミーム、文化的価値であり、その継続、連続の中で新たな発見、融合があり、その時々に時代を捉えた名曲、ヒット曲といった商業的価値の高い作品があるものと思います。難しい事はわかりません。>価値というのは、クオリティではなく、 >価値とは数なのですか?そういう考え方もあるでしょうけれど、それは一つの考え方にすぎず、ある意味極論とでもいうべき極端に偏った考え方だと思います。 生前一作しか売れなかったという画家のゴッホが代表的ですが他にも生前はほとんど評価されず死後に高い評価を得た人、というのは存在します、その時代の大衆に、ほとんど理解されなかったからといって、芸術的価値がゼロに近いか、というと、必ずしもそうは言えないと思います。商業的にはほとんど価値はないとみなされるかもしれませんが、作品が消失しない限りは、再評価される可能性もあります。 >絶えず新しいものに取り組み、一人で何万人も呼べる大衆音楽のミュージシャン。片や、50人がかりで1000人も呼べない吹奏楽やオーケストラ。この比較なら前者のほうが圧倒的に価値が高い、ということでしょうか? これも、商業的ないし興行的な価値としてはそうかもしれませんが、芸術的価値は、というと別でしょう。大衆音楽の流行は移ろいやすいものですし、ある時一発当てて大ヒットを出したとしても、10年たったら忘れられて、ほとんど見向きもされないかもしれません。片や、クラシックの名曲には、100年200年と愛され続けている作品が多い。そうやって時代を超えてなんらかの価値を伝えるものこそ真の芸術というべきものだという考え方もあると思いますそして、数百年前の作品は必ずしも現代と同じ意味での商業的?興行的価値を持っていたわけではありません。王族貴族や聖職者や大富豪などのパトロンによって支えられていたものも多く、作品が大衆に売れる、という形での商業的価値で評価されるようになったのは、近代に入ってからであって、そういう価値基準で芸術全般を判断するだけでは、あまりにも一面的ではないか、とも言えます。 余談ですが、数万人規模の興行を行なうのは一人では無理です。路上等であれ、どこかの会場であれ、数百人程度のコンサートまでなら、マネージメントや会場手配?設営等含めて一人でもできるかもしれませんが、ある規模を超えた段階で、音響的にも、事務的?営業的な意味でも、一人の人間が処理できる限界を超えます。 >大作曲家が提示したこと、わかっていること、知っていること、これを繰り返すことには、どういう価値がありますか?伝統芸能全般についていえることですが、少なくとも作品や技能の継承、という価値はあるでしょう。私たちが100年前200年前の音楽作品を楽しむことができるのは、そうやって継承されてきたからで、継承者がいなければ、原本的な記録として残っているのでない限り、時代とともに忘れ去られる可能性が高い仮に記録が残っていたとしても、掘り起こして演奏したり再生したりされなければ、やがて埋もれ、忘れ去られるでしょう。売れたか売れないかとかそういう次元以前に、存在したことすら、忘れられる可能性が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です