60年前のダム計画 長崎県東杵郡川棚町石木ダム建設する計

60年前のダム計画 長崎県東杵郡川棚町石木ダム建設する計画県民説明不足反対て。長崎県東杵郡川棚町「石木ダム」建設する計画、県民「説明不足」「反対」て
か北部の佐世保市側早期建設推進て
同じ県内なのおかくありませんか いしきをかえよう。/の坂本龍一さん。石木ダム建設予定地である川棚町川原地区を訪問。財源
不足で修繕が難しい中。…これが現実」石木ダム問題を語り合う集会長崎県
川棚町まずは工事を中断し。反対する住民が求める「ゼロベース」の
話し合いに応じるべきだ。ことが目標になっていることを踏まえて。選択肢
としてなぜこれなのかを県民や住民に。そして全国に納得の説明と。もう。
利水も治水も半世紀前の計画。手法ではない方法で解決できることもあるかも
しれません。60年前のダム計画。岐路に立つ長崎?石木ダム① 長崎県川棚かわたな町は。長崎空港から大村湾
沿いに車で分ほど北上した位置にある。川棚川河口部石木いしきダム
建設絶対反対」 「水の底より築く計画だ。隣の佐世保市への水道水供給と。
町を洪水から守るために本流の水量を調節する治水を目的とする。

あなたにできること。ネットを通じて支援する 現在集めている石木ダム関係の署名にご協力お願いし
ます。→説明不足のまま進む。税金億円を費やす石木ダム建設。長崎県は
一度立ち止まり。公開討論会を開いてください; 目標の万筆を集め長崎県庁に
提出パタゴニア日本支社。パタゴニアは「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし。解決に向けて
実行する」ことを企業理念の中に掲げ。様々な環境保護活動を行っています。
長崎県と佐世保市が東彼杵郡川棚町に建設計画を進める石木ダムについて。多額
の税金を投入しながら豊かな自然その結果。県民の中で「反対」が「賛成」を
上回り。また県民の約割が建設計画に対して「説明不足」だという

ほたるの川のまもりびと。長崎県東彼杵郡川棚町川原という地域にある石木川にダムを建設する計画があり
。年以上も地元住民による反対活動が行われています。また県民の約割が
建設計画に対して「説明不足」だと回答し。議論が尽くされたとは映画「
ほたるの川のまもりびと」の。美しの里こうばる川原の。石木ダム建設を
争う訴訟

別におかしくはない。どちらも地域エゴ丸出しなだけ。そして、長崎県ほど地域一体感のない県は少ない。県民は「説明不足」と「反対」しています?違いますね県民の一部が反対しています共産党が石木ダム反対のビラを撒いているのです「佐世保の水は足りている」と言う主張を繰り返して反対運動をし地権者とは関係の無い輩を動員しているだけです実際は今年の夏も水が不足し給水制限をする可能性が有り節水を呼びかけていました20数年前の渇水では長崎市内等では節水パッキン等での給水制限措置が取られましたが佐世保は断水していますレストランでは料理を紙皿で提供し水は紙コップ一杯だけでしたそして現在の佐世保のダム施設は老朽化しています作り直すにも?代替ダム施設は絶対に必要になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です