苦心惨憺とは 苦心さんたんってどういう意味か

苦心惨憺とは 苦心さんたんってどういう意味か。苦心さんたんってどういう意味か 苦心惨憺くしんさんたんの意味と使い方の例文語源由来。苦心惨憺の「苦心」とはあれこれ心をくだいて考えること。「惨憺」は心を
くだき悩ますこと。 憺は「澹」や「淡」とも書く。 類義語 ?苦心惨憺とは。「苦心惨憺」の意味は非常に苦心していろいろやってみること。国語辞典
では「苦心惨憺」の意味や使い方。用例。類似表現などを解説しています。苦心惨憺くしんさんたんの意味や使い方や「骨の折れる」との違い。「苦心惨憺」の意味は「苦労を重ねること」です。 単純に自分自身の身に
降りかかる苦労に耐えるというよりは。何らかの目的をもって能動的に苦労して
いる様子。工夫を凝らし苦心惨憺くしんさんたん。▽これが[苦心惨憺]の意味です 意 味。心を砕いて苦労を重ね。困りながらも。
あれこれと工夫を凝らすこと。 由来

「苦心惨憺」とはどんな意味。普段なかなか使えるようなものではない「苦心惨憺」という言葉ですが。意味は
ご存知ですか? この記事では「苦心惨憺」の意味や語源。英語の表記や類義語。
使い方の例文をご紹介します。「苦心惨憺」くしんさんたんの意味。四字熟語「苦心惨憺」の意味。苦心惨憺とは。心を砕きながら。さまざまな苦労
や努力を重ねること。「苦心」は苦労して考えること。「惨憺」は心を砕き。
悩むこと。「苦心惨澹」とも書く。苦心惨憺くしんさんたんの意味?使い方。苦心惨憺くしんさんたんの意味?使い方。心をくだいて非常な苦労を重ね。工夫
をこらすこと。▽「苦心」はあれこれ心をくだいて考えること。「惨憺」は心を
くだき悩ますこと。「憺」は「澹」「淡」とも書く。

苦心惨憺とは。デジタル大辞泉 – 苦心惨憺の用語解説 – [名]スル非常に苦心していろいろやっ
てみること。「会社の再建に苦心惨憺する」「苦心惨憺」とは。皆さんは。「苦心惨憺くしんさんたん」という四字熟語をご存じですか。
漢字の並びから。とても辛く苦しいような印象を受けるのではないでしょうか。
この記事では。「苦心惨憺」を「苦心」と「惨憺」に分けて。意味四字熟語「苦心惨憺くしんさんたん」の意味と使い方:例文付き。「苦心惨憺」の意味を詳しく 苦心惨憺は。あれこれと考え抜き。苦労して物事を
達成しようとすることを指す四

くしん-さんたん苦心惨憺心をくだいて非常な苦労を重ね、工夫をこらすこと。 ▽「苦心」はあれこれ心をくだいて考えること。 「惨憺」は心をくだき悩ますこと。 「憺」は「澹」「淡」とも書く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です