第4話2章 ニコラス?ケイジのケイジ英語でCageジョー

第4話2章 ニコラス?ケイジのケイジ英語でCageジョージ王子Georgeなので例えば僕の名前のれいじ英語っぽく書くRaygeなるんか。ニコラス?ケイジのケイジ英語でCage、ジョージ王子Georgeなので、例えば僕の名前の【れいじ】英語っぽく書く、Raygeなるんか 書く必要ないけど 第4話2章。「きみにニコラス?ケイジの言葉を贈るよ。『僕は本気で愛して失恋したい。
欲しいのはその経験だ』」そういうとジョージはにっこり笑った。 「それは役者ニコラス?ケイジのケイジ英語でCageジョージ王子Georgeなので例えば僕の名前のれいじ英語っぽく書くRaygeなるんかの画像。

アメリカに住んでいるレイって友達は わざとRayにしてました。もし必要が無ければ Raygeに変える事ないと思います。ただその人はReiだと リイと発音され 更に読み方が難しいと言われていたから 変えたと言っていました。英語にれいじ、という名前がない限り、”英語っぽく”というものはありません。相手が発音できればいいだけの話で、あなたが綴を変える必要はありません。そもそも、R自体が問題です。じっさいの”れ”はRではないですよね?舌が上顎につきますから、どちらかといえばRよりLかと名前の綴りには規則はありません。みんな好きなように書けばいいのです。要するにどう読んでもらいたいかですね。どうしても英語圏の人にれいじと読んでもらいたかったらRage。Raygeが好きならそれでも可です。Reijiのほうが新鮮度が高いです。Reiji は単なる日本語のローマ字表記。パスポートに書かれる名前はこれ。日本のパスポートには氏名はヘボン式ローマ字表記が書くのが原則です。だからRaygeとはかけません。但し、何も言わずにこれを見せると、れいじー、になるでしょう。れいじ、と発音してオーストラリア人にスペルを書いてもらうと、一番多いのはRageです。意味は、激怒とか憤怒。10年くらい前に日本の映画で、アウトレイジ、というのがありましたが、あのレイジです。なので英語圏で名前に使うことは少ないかも。Reijiになります。Nicholas Cageはきっとフランスの由来だと思います。ニコラス カージェ ラ カージエ フォーって舞台ドラマがあったかと思います。なので芸名です。彼は有名な話ですが、フランシスフォードコッポラの甥っ子なのでイタリア人のはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です