競馬降級制度廃止 勝った後で条件戦走らなければいけないの

競馬降級制度廃止 勝った後で条件戦走らなければいけないのか。条件馬重賞勝ったらオープン馬入りか 勝った後で条件戦走らなければいけないのか 荒れる。競馬新聞で無印の馬は。1勝クラスや2勝クラスでは。食い込みが難しいですが
。未勝利戦では。条件によっては食い込んできます。 例えば。2020年11月
8バトードゥシェル, 466キロ, 未勝利勝ち後。1勝クラスを3戦。中山
に使うということは。走らないかも。スタート, ゲート自体は。新馬は
半数程度が失敗するため。2度以上のミスがなければOK。スタート激走?凡走のパターン化。なぜ。これほど長い間ファンに支持されてきたのか? それは他でもつまり。「
同じような条件で前走勝った馬が。次走で同じようなメンバーにあっさりと惨敗
する」という現実に対する解答である。 もし仮にそうならば。未勝利戦から
出走すればみんなを勝てるはずだし。にも走前が条件戦だった馬など。よく
出てくる。短縮も掛からなければ。メンバーチェンジの恩恵もなかった。
マイルが前々走逃げなかった後の所謂。「逃げられなかった逃げ馬」の
ショック。

競馬のクラス編成競馬入門。つまり。「走っても走っても勝てない。足の遅い馬」は出走することが叶わず。
「未勝利戦を勝った後も将来性がありそうな馬」しか走ることができないわけ
ですね。 未勝利戦の中でも。比較的レベルの高い未勝利戦。それが「競馬「降級制度廃止」。ダービーの翌週から。条件戦で歳馬と古馬が同じレースで走るようになっている
。かつて出走馬が少なかった時代。歳以上の古馬を有利に出走させることで
頭数を確保しなければならなかったからだ。昨年までの「降級馬」は以前も
勝ったことのあるクラスで高勝率を上げていたそれが顕著だったことも廃止の
一因だった馬券回収率を検証 番人気馬はどれだけ強いのか一口データ研究室59。勝クラスを勝てば。通常であれば勝クラスに上がり。降級が廃止された現在の
システムでは。本来は二度と勝クラスを走ることはできないはずです。しかし。
未勝利馬が格上挑戦で勝クラスを勝った場合には。収得賞金が

シャフリヤールの掲示板。サトノダイヤモンドみたいに早いうちに自己条件勝っておけば。重賞で自信
もって乗れて着は来れたと思ってます。 ただ数使え青葉賞からダービー馬が
出ないのは二四を回走る消耗だと聞いたことがあります。さらに

余裕でオープン馬です。1月19日日京成杯を勝ったクリスタルブラックは1勝馬の条件馬でしたが今後はすべてオープンレースの出走になります。ちなみに平地と障害では別扱いになり平地で重賞勝ちの馬でも障害レースの出走の際は未勝利戦からのスタートになり障害レースで障害重賞勝ち馬は平地だと未勝利戦からですが年齢的にレースが皆無なので条件戦からの出走になります。この例は「オジュウチョウサン」です。もちろんオープン入りし、条件戦には出走できなくなる。重賞で勝てば本賞金の半額が収得賞金にプラスされますから大抵は条件は卒業、以降は条件戦には出走できなくなります現在のクラス分けは便宜上1勝2勝3勝クラスと呼ばれていますが、それはただ名称を変えただけの事であり、その仕組みは以前の収得賞金によるクラス分けと同じですよ?^_^ちょっと、勘違いしてるみたいで?「条件戦を走る」のは「権利」であって「義務」ではないのです。未勝利馬でも、OPに枠の空きさえあれば出れないことはないのです。まぁ、でも、基本OPですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です