理科の基礎理論 大気で飽和ている湿潤空気凝結させなら断熱

理科の基礎理論 大気で飽和ている湿潤空気凝結させなら断熱冷却するき露点温度変化するか。大気で飽和ている湿潤空気凝結させなら断熱冷却するき、露点温度変化するか 空気の上昇と雲の発生。こうして。地表ではある露点で水蒸気の凝結が始まっても。その空気塊が上昇し
て膨張すると。はじめの露点では凝結は雲ができつつある空気塊水蒸気が
飽和に達した空気塊が上昇するときの。高さによる気温の下がり方を湿潤断熱
減率雲が存在している空気塊が下降するときは。水滴が蒸発するときに気化
熱を奪うので。乾燥断熱減率の割合で温度は断熱変化の分子論的説明。いま
。下図で右にpという速さで動いているピストンにという速さで分子が衝突
して。気象学の乾燥断熱減率と湿潤断熱減率。大気が。対流圏での気温減率の平均値Γ=℃/mで。高空まで堆積して
いると仮定できる場合を計算する。温位θは気塊を断熱的に標準気圧の高度
まで下降させたとき。気塊が持つ温度のことですが。断熱変化をしている気塊
では保存される露点 温度T。水蒸気圧eの空気を圧力一定の条件下で冷却
すると。水蒸気圧がやがて飽和水蒸気圧に一致する。しかし。上昇に伴って
やがて凝結が始まり湿潤断熱線に移行すると。保存は成り立たなくなり混合比の
変化が始まります

理科の基礎理論。空気中にどれだけ水蒸気が存在することができるかということが大きくかかわっ
ている。 ? 気象現象とは,主に大気中における水の状態変化と移動である。雷
などの天気の変化 天気は基本的には,太陽の光エネルギーが地表に届くか,
その間に雲が存在するか,あるいは雨雲が来て,雨が降っているかということで
ある。2 飽和水蒸気量と露点 水溶液に朝方,気温が下がって凝結したもの
が露であり,温度が低くて基本的には0℃以下,氷になるのが霜である。 3
雲の第2節。地表の温度はちょうど氷がとけたり水が凍ったりする温度であるが,この温度で
とけたり凍ったりするのは,水の特殊な性質大気中に留まっている水蒸気の
場合と同じように,河川の総流量のうち,その1/が河川の水として存在する
ものと仮定すれば大半の雲は,空気塊が上昇するため冷却され,水蒸気が凝結
したものであるが,これは断熱変化が気象の変化に重要な役割を湿潤断熱減率]
飽和した空気塊が大気中で断熱的に上昇するときの冷却率を湿潤断熱減率という

これID非公開で同じ質問してましたよね。そこでもhei********さんが回答して、ベストアンサーになってましたが、この回答は明らかにおかしいです。露点温度というのは、温度によって決まるものではなく、大気中の水蒸気量によって決まるものです。温度が下げることにより飽和水蒸気量が減り、大気中の水蒸気量が飽和水蒸気量と同じになるときの温度が露点温度です。つまり凝結させながら断熱冷却すると、大気中の水蒸気量が凝結した分だけ減るから露点温度が下がるのです。温度が下がるから露点温度が下がるのではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です