期末テスト ネーデルラントのカルヴァン派ゴイセン増加たこ

期末テスト ネーデルラントのカルヴァン派ゴイセン増加たこでネーデルラント支配ていたフェリペ2世弾圧対てカルヴァン派ゴイセン反乱起こたこよって起きた戦争。オランダ独立戦争ついて 高校の問題で上記のこついて簡潔説明なさい問われたの文章でおかいころでょうか ↓ ネーデルラントのカルヴァン派(ゴイセン)増加たこでネーデルラント支配ていたフェリペ2世弾圧、対てカルヴァン派(ゴイセン)反乱起こたこよって起きた戦争 宜ければ、ご意見お願い致ます ネーデルラントのカルヴァン派ゴイセン増加たこでネーデルラント支配ていたフェリペ2世弾圧対てカルヴァン派ゴイセン反乱起こたこよって起きた戦争の画像。期末テスト。世紀中頃? ??の増加→カトリックとの対立激化 ユグリー戦争 年
宗教内乱の開始 サンバルテルミの虐殺 年 旧教側による新教徒派の大量
虐殺 アンリ世容認内乱の終結 ネーデルランドオランダの独立
ゴイセン 年? スペインフェリペ世によるオランダ支配=厳しい旧教
カトリック化政策 ?カルヴァン派への弾圧=都市への自治剥奪。重税
オラニエ公ウィレム年 ドイツ皇帝による圧政が新教徒反乱を起こす 三十
年戦争

高校世界史B「スペインに果敢に勝負を挑んだオランダ。トライイットは。実力派講師陣による永久0円の映像授業サービスです
。年に即位したスペイン国王 フェリペ世 は。当時スペインが支配してい
た ネーデルラント 現在の オランダ にカルヴァン派についてはスイス宗教
改革のところで勉強しましたね。ネーデルラント北部と南部は独立戦争を
起こし。もともとカトリックが多い南部は先に降伏しましたが。ゴイセンが優勢
なネーデルラント反乱をめぐる西ヨーロッパ国際関係。ラントの反乱については。それが。北部ネーデルラントのカルヴァン派のオラ
ンダ人が。られた。 逆にフランスの立場から見れば。ハプスブルク家による
ネーデルラントの支配疲弊していたフランス国王アンリ 世との和平に達した
。ネーデルラントの教会改革の必要性を強く感じていたフェリペは。年
までた。 この計画は。単なるプロテスタント教徒の弾圧を超えて。カトリック
教会をは。 月に。オランイェのかつての盟友エフモントとホールネが処刑
されたこ

オランダ独立戦争/八十年戦争。ネーデルラントの新教徒に対して。フェリペ2世のスペインがカトリック信仰を
強要したことから。1568年に独立にそのころ。ドイツで起こった三十年
戦争1618~48年ではスペインがドイツの旧教徒を支援して参戦してい
た彼らは軽蔑の意味を込めて「乞食党」ゴイセン。正しくはヘーゼンと言
われたが。自らも楚の党派名を名のるようになった。カルヴァン派の急進派民衆
は聖像破壊運動などを開始。それに対してスペインの執政アルバ公による弾圧が
厳しく

違いますね。まず、ゴイセンとは、オランダ独立派のことで、カルヴィン派のことではありません。ゴイセンに、カルヴィン派の人が多かったのは事実ですが、カトリックの人も含まれていました。オランダのカルヴィン派は、「改革派」と呼ばれています。カルヴィン派が増えたのでフェリペ2世が弾圧したのではなく、フェリペ2世の弾圧が、改革派、カトリック問わずに行われたため、スペインからの独立を叫ぶゴイセンが増えたのです。それに伴い、カトリックから改革派への改宗も進んだのです。高校レベルではでてきませんが、ネーデルランド独立戦争のきっかけは、フェリペ2世がネーデルランドの聖職者叙任権を、ネーデルランドの貴族から取り上げたことに対するオラニエ公の反乱から始まります。オラニエ公がたまたま改革派であったため、改革派がフェリペ2世のカトリック化に反発したように捉えられてしまったのです。オラニエ公の反乱に対して、フェリペ2世は、アルバ公をネーデルランドに派遣し、反乱の鎮圧をはかります。オラニエ公は、イギリスへ亡命し、一時的に反乱が鎮圧されます。アルバ公は、反乱の根絶のために、オラニエ公と関係した者、改革派もカトリックも問わず弾圧しました。アルバ公の弾圧に対して、改革派、カトリック問わずに反発が強まり、それを見てオラニエ公が戻り、反乱の首謀者となります。これがゴイセンです。当時ネーデルランド総督であった、フェリペ2世の姉マルガリータは、混乱収拾のため、両者の和解を訴えますが、フェリペ2世により解任され、アルバ公の弾圧がさらに強化されることとなり、独立派に加わる者が増えてゆきます。この過程で、カトリックから改革派に改宗する者が増えていったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です