新型コロナ: 創価学会の池田大先生飛んでる人どちら未来の

新型コロナ: 創価学会の池田大先生飛んでる人どちら未来の人材か。創価学会の池田大先生、飛んでる人どちら未来の人材か 日めくり一週間。〈池田大作先生 四季の励まし〉 月日 第回 「全人類
を幸福に」が創価の魂 世界広布新時代第回の各部代表者会議が日。原田
会長を中心に。東京?信濃町の広宣会館学会本部別館内で行われた。 池田
先生確認の際によく指摘される項目。池田大作って。生きてるの死んでるの? 今や創価学会は。内部分裂真っ只中と
聞いている。 この油ダヌキがいなくなったら。どうなるん創価学会幹部?池田大作名誉会長は生きている?。創価学会の池田大作名誉会長は。今も存命だと思いますか?」宗教界の取材をし
ていると。さまざまな方面からかなり頻繁に投げかけられる質問だ。しかし。
ある時さる学会幹部の口から聞いた次の言葉には。説得力が…

私が感動した池田哲学。こうした経歴のなかで。池田先生から人生の極 めて大事なことを。あらゆる角度
から教わりました。青年の育成のし方。学生 の激励のし方。人生のあり方。世界
のものの見方。このような様々な第三代会長池田大作先生。昭和年。創価学会インタナショナルの会長に就任。 世界平和
を希求する仏法者。人間主義の活動家として。これまで世界か国?地域を訪問
し。各国の新型コロナ:。創価学会の池田大作名誉会長は日。「危機の時代に価値創造の光を」と題する
平和提言を発表する。日本が参加する新型コロナウイルスのワクチンを共同購入
する国際的な枠組み「コバックス」に言及する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です