振替休日とは 基本休日出勤た場合翌月以内振替休日取得する

振替休日とは 基本休日出勤た場合翌月以内振替休日取得するこなって翌月取得できない場合法定休日満額1。法定外休日固定残業時間含まれてまい相殺されてまうの違法なのでょうか
そて振替休日時効(2か月)設けるの違法なのでょうか 具体的言、の給与の一部40時間の残業代含めての給与支給なって
仕事の関係で土日祝日の出社 就業規則上で休日なって日曜日のみ法定休日なり土曜日?祝日法定外休日なって
基本休日出勤た場合翌月以内振替休日取得するこなって、翌月取得できない場合法定休日満額1 35倍で支給されます 一方、法定外休日固定残業時間40時間過ぎていれば1 25倍で支給されます40時間満たない場合分40時間の補填され支給されない場合 (例 月の残業時間30時間の場合10時間足りないので支給されません 残業時間42時間の場合1 25倍で満額支給されます )
就業規則ような記載一切ありません
翌月振替休日取れなく翌々月取得た場合欠勤扱いなり給与ひかれてまます
ような相殺違法なるのか違法でない問題なのか、そて振替休日の時効許されるのか 代休の取得期限はいつまで。代休は振替休日と違い。労働基準法で細かいルールは定められておらず。
いつまでに取得しなければいけないただし代休を先送りすると。会社は当初の
予定よりも多く給与を支払ったままになってしまいます。そのため。従業員が
先に有給休暇の申請をすると。会社が代休へ切り替えるよう強制することは
できません。ただし振替休日が翌週以降にずれて。当該週の勤務時間が週間
の法定労働時間を超えた場合は。超えた分について時間外手当を支給する必要

振替休日が月を跨ぐ時の処理について。弊社は。勤怠を毎月末に締めて翌月15日に給与支給しています。当該月に振替
出勤をして当該月内に振替休日が取得できず翌月に取得した場合。振替出勤分の
賃金を一旦支払い。翌月御相談の件ですが。月を超える等により同一賃金支払
期間で振替休日が取得出来ない場合ですと。賃金全額払いの原則からも一旦振替
出勤分の賃金支払を行う事が必要になります。振替休日として休む予定であっ
た日について。業務上の必要性から休日出勤することになった場合。代休を取得
する「振替休日」をとるか。休日出勤をした場合。代わりに別の日に休みをとることがあるかと思うのですが
。普段何気なく口にする「振替休日」と「と言っても。それが「振替休日」な
のか「代休」なのか「有給休暇」なのかによって。労務上の取り扱いは全く
異なります。このように。休まないと法律違反になってしまう休日を「法定
休日」と呼んでいます。労働基準法では。休日労働を行った場合には「%
以上の割増賃金」を支払うことが定められているのですが。これは「法定

振替休日とは。原則として休日付与義務は。週間に日。あるいは週間に日の休日となって
おり。これを一般的に法定休日と呼んまた。休日に有給休暇を申請することは
制度の主旨から考えて認められていません。法定休日。法定外休日に出勤し。
同一週に振替休日を取得して週の勤務時間時間を超えなかった場合。割増週
の勤務時間以内, 割増賃金なし仕事が忙しくて振替休日が取得できなかっ
た。就業規則の期限内に振替休日を取得できないといった場合は。間違えて運用していませんか。休日の振替。代休を運用する際に。時間外割増の計算や。後に休日を取得させた
場合の賃金控除の計算第週の日曜法定休日に労働者を出勤させる必要が
ありますが。同一週内での休日の振替が出来ないので。第週の水曜を事前に
振り替えました。そのような運用は。会社が支払うべき賃金が未払いとなって
いるということを意味します。例えば「代休の取得期限は。休日出勤をした月
の翌月以内とする」というルールを設けることも全く問題ありません。

社労士監修法定休日をかんたん図解―違反で罰則も。法定休日は。法律により「毎週日以上与えること」が義務づけられており。違反
すると罰則があります。法定休日と法定外休日では。法による規定の有無と。
休日労働を行った場合の割増賃金の割増率に違いがあります。会社によって
休日を「土曜?日曜」などに固定する場合と。シフトによる勤務で曜日を固定
できない場合があります。ただし。振替休日を。週をまたいだ別日に取得した
場合。振替出勤をした週の労働時間が時間を超える分には%の

労働基準法は休日出勤に対してはそれに対応した賃金を支払うことを前提として組み立てられており、代休や振替休日を与えることを義務付けてはいません。つまり、休日出勤に対応した賃金が支払われれば代休はありません。固定時間外手当が40時間あるのであれば、就業規則等で法定外休日出勤の賃金は固定残業手当から充当しないと明示していなければ、40時間以内の法定外休日出勤については固定残業代から充当しても問題ないと考えます。翌月までに代休文脈から振替休日ではありませんを取れなければ対応した賃金が支払われますから、その時点で代休の権利は消えます。お金が払われた休日出勤には代休はありませんから休めば欠勤扱いになるのは当然です。法令違反があるとすれば、本来は休日出勤した日が含まれる締め期間に休日出勤に対応した賃金が支払われなければならないところ、翌月に代休を取れなかったタイミングまで支払いが遅れてしまう点です。「振替休日の時効が許されるのか教えてください。 」については質問者さんの意図とは逆に、代休は締め期間内に取れなければ消えてしまう賃金として処理とするのが労働基準法の考え方です。認識が少し違いますねというより私の取り方が間違ってるかもしれないが①みなし残業代については、法定労働時間内の残業100%賃金と法定時間外の残業125%を含めることは就業規則に定めれば合算は可能ですただし、この中に法定外休日所定休日の出勤時間数を含めることは、やはり就業規則に定めれば可能ですねただし、みなし残業では、基本的に通常の残業時間について定めているため、深夜残業や休日出勤の割増分については別途支払われなければなりません。深夜残業や休日出勤の場合は割増率が増えるので、実際の残業時間がみなし残業時間の範囲内であっても、割増分の支払いが必要となります。ここでいう休日出勤というのは法で定めた週1回のお休み135%増を言います。②休日出勤の翌月以降に代替えの休日をとることは、振替休日ではなくって代休といいます[今回の回答はみなし残業とは離れて書きますが=法定休日の例です]このように、法定休日に勤務しますとその勤務時間数にかかわらずすべて35%増すなわち135%の給与支払いが必要ですねこれは、あとで代休をとるからって払わないのは違法行為ですね簡単に言えば、その割増賃金をはあれば、代休などという観念はなくなりますすなわち、代休などは取る必要はないですねそして、代休日においては其の一日分の賃金はカットが可能ですねすなわち、同じ給与計算期間であれば1135%の賃金を計算して支給する2そして、代休で休めばそのうち100%の賃金はカットができますから、12を相殺して割り増し分の35%だけ払う必要がありますね次に、この休日出勤分について給与計算期間をまたいで代休をとる場合は先に書いたようにまず135%の賃金を必ず払う必要がありますこれを払わないと賃金未払となります次に、実際に代休を取りますと、その代休日の賃金をカットすることになりますだから、あなたの会社は法定休日を出勤した場合は135%の賃金を払ってる、そして代休をとればその一日分をカットする欠勤扱いのであればこれは合法となりますね復習していえば、法定休日出勤についてそのに給与支払い日に135%35%ではないの賃金を払っとけば、代休などというものは必要がないってことですねだから、代休取得の義務何って空文化されるものですね>基本は休日出勤した場合は翌月以内までに振替休日を取得することになっていますが、翌月までに取得できない場合は法定休日は満額1.35倍で支給されますこの支給時期が違法性はありますが、これは正しいという事も言えますねだから、支給されてれば次に代休請求すればそのうちの100%カットは正しいですね意味が違って回答してればごめんなさいまず、法定外休日の分を固定残業に含める事は問題ありません。計算上で合うなら、法定内休日も含めて構いません。休日出勤の場合は、相応の手当て若しくは代わりの休みが必要になります。振替休日の時効の件ですが、規定期間内に休みが取れない場合はその分の賃金が支払われているのですよね?そうであるなら、休日はその手当てに拠って充足されていますから、休みの権利は無くなります。その状態で期間外に休みを取れば欠勤なのは当たり前です。振替休日の取得に時効があるとは聞いたことありませんので、翌月までに取得しなかったら欠勤として翌々月の給与から差し引くのはダメですね。なぜなら、「休日に働いた代わりに休むのが振替休日であり、他の日はしっかりと休まずに働いたのに給与を減らされるというのはおかしい」と感じますので。なので、正式な処理としては「なるべく早い日付で休日を取ってもらう」、「たとえ振替休日を取得しても、有給と同じ扱いにして給与を減らさない」とすべきです。貴方の手当についてですが、「固定残業手当」なのか「固定手当」なのか、どちらですか、それによって解釈は違ってきます。固定残業手当だという名目で有れば、下一桁までの金額になるはずです、ようは割り増しが入っていますからね。また振り替えがとありますが、一般的に振替休日出勤と言うのは、出勤の際その代わりの休みの日を設定しなくてはいけないものです、それを会社規定で2か月と定めてある、という事ですね。ちなみに代休と言う制度はないんですか。何故かと言えばあなたの書いた振り替えは代休に近い扱いだから。振替えに時効と言う表現自体当たらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です