少年法の理念と現状 現行少年法で凶悪犯罪成人同等裁かれま

少年法の理念と現状 現行少年法で凶悪犯罪成人同等裁かれます大人なら実刑ならない場合で少年院等の保護処分なるこ多い。少年法の適用年齢引き下げって、っきり言っての意味あるのでょうか よく「成人年齢18歳なる少年法引き下げるの当然」いう意見 現行少年法で凶悪犯罪成人同等裁かれます、大人なら実刑ならない場合で少年院等の保護処分なるこ多い 実際少年犯罪人口比で減少て、凶悪化ていません 別「少年だ甘くよう」言っている訳でありません、少年法「少年だ甘くよう」いう法律でありません 少年事件について:検察庁。少年とは,20歳に満たない者を意味し,家庭裁判所の審判に付される非行の
ある少年は,犯罪少年14歳以上で罪を犯した調査又は審判の結果,その
罪質及び情状に照らして刑事処分を相当と認めるときは,検察官送致決定をし
ます。家庭裁判所から事件送致を受けた検察官は,一定の例外を除き,起訴し
なければならないとされています。保護処分保護観察,児童自立支援施設
又は児童養護施設送致,少年院送致などがあります。 検察官が勾留を請求
した場合

少年法の理念と現状。わが国の現行少年法については,市定直後から法務省を中心こ改正準備作業が
進 められ,なる少年非行の増加傾向に向けられていたと言ってよい。年
犯罪の増加?凶悪化の印象を前提として,少年法の対応の甘さを指摘し,さまざ
て,犯罪と均衡のとれた刑罰によって社会的非難を実現しようとする成人犯罪
へのら法的介入が正当化される要保護少年犯努?非行少年以外の者と侵害
原理にも期逆送された少年事件は,刑事裁判手続で裁かれるものの,有罪の
場合に行刑

凶悪な事件が多くなって来ているのは確かですよねただの感情論でしょ。ガキでも犯罪は犯罪。何ででしょうね。 そもそも,民法上の成年をなぜ18歳に引き下げたのか。 社会的な成熟度から見ると,むしろ引き上げてもいいくらいです。 騒ぎに発展するところが少なくなったものの,成人式のご乱行がその傾向を如実に反映しています。 寿命が飛躍的に伸びつつあるのですから,25歳,30歳成年でもいいくらいです。少年法に守られていると勘違いして、凶悪犯罪を起こす輩が減ってくれれば、多少意味があると思います。とくに引き下げるメリットはないです。民法の成人年齢が18歳になるのに伴い、少年法の適用年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げる議論が法制審議会で進んでいる。これが一番大きな話題になってるだけ。実際には民法に合わせるのも浅はかだし意味もない、デメリットも多いので議論されてるんでしょう。個人的には年齢が引き下げられると治安が悪化しそうで不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です