大陸縁辺部[たいりくえんぺんぶ] 色々調べてたら大陸棚海

大陸縁辺部[たいりくえんぺんぶ] 色々調べてたら大陸棚海洋底いく途中の大陸斜面で地殻大陸地殻海洋地殻変わる書いてあり。地学基礎の勉強て
色々調べてたら、大陸棚海洋底いく途中の大陸斜面で、地殻大陸地殻海洋地殻変わる書いてあり か、大陸地殻海洋地殻ってそそプレート違うので、大陸 棚の先ある大陸斜面や海洋底で、大陸棚同じ大陸地殻なら、海洋性の地殻なるのおかい思い あく、大陸地殻海洋地殻変わるの、海溝境する思うの、なぜ大陸斜面境海洋地殻変わるでょうか 大陸縁辺部[たいりくえんぺんぶ]。他の一つは太平洋型大陸縁辺部で。大陸棚と大陸斜面から成り。後者の基部は
海溝陸側斜面として海溝底に落ち込み。いずれも火山列を伴う島弧または脊梁
{せきりょう}山脈が大陸縁辺部の内側にあり。外側には深い海溝沈み込み帯
塊は重いマントルおよび海洋地殻に対して浮かび上がり。これが陸地と海底
との平均比高差約 を生ぜしめている。質の大陸地殻が消失する位置と
考える人も少なくなく。大陸縁辺部の外縁を大陸斜面の基部にしたり。ライズの
途中にし

大陸地殻と海洋地殻でプレートが違うなんてことはないですよ。例えばユーラシアプレートは、大西洋中央海嶺から大西洋の範囲は海洋地殻ですがユーラシア大陸になったら大陸地殻です。プレートというのは一枚板として動く塊という意味であって、1枚のプレートの中に大陸プレートの部分と海洋プレートの部分の両方があって何もおかしくありません。なぜ大陸斜面を境に海洋地殻に変わるかって、ただ単に大陸がそこまでだってことです。「大陸棚から海洋底にいく途中の大陸斜面で、地殻が大陸地殻から海洋地殻に変わる」のは、大西洋型で非活動的大陸縁といいます。海溝がありません。これは過去の大陸の分裂によって中央海嶺が拡大したことでこのようになります。近い将来に大西洋がアメリカ大陸側に沈み込みを始めれば、その時は海溝が出来てプレート境界になります。太平洋型で活動的大陸縁といいます。読まれた説明がまちがっています。おそらくプレートテクトニクスが確立する前の、古い間違った考え方を解説したものでしょう。忘れたほうがよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です