問題演習確率 次袋Aの中の1個の玉袋Bの玉の交換2回行う

問題演習確率 次袋Aの中の1個の玉袋Bの玉の交換2回行うき袋Bの中黒玉入っている確率求めよ。高校数学A確率分ない問題あるので 「白玉2個黒玉1個入っている袋A、空の袋Bある まず、袋A1個取り出て袋B入れる 次、袋Aの中の1個の玉袋Bの玉の交換2回行うき、袋Bの中黒玉入っている確率求めよ 」 ばらく考え全く分かりません 途中式ありでお願いますm(*_ _)m確率の加法定理,余事象の確率。______? ∪ = +?∩ 例1 「袋の中に赤玉3個,白玉2個が
入っているとき,この中から同時に2個取り出して同じ色の玉が出る確率」を
求めるには 解答 「同じ色の玉が出る」ことを「赤玉が2つ」の場合と「
白玉問題演習確率。問題 3個のさいころを同時に投げるとき。目の積が5の倍数になる確率を
求めよ。—問題 , , , , , の チームがあり。それぞれのチームは
他のチームと 試合ずつ試合を行う。緑の 色の玉が 個ずつ合計 個入って
いる袋から。玉を 1個取り出してその色を記録し袋に戻す試行を。繰り返し 回
行う。問題 袋には白玉個と黒玉個。袋には白玉個と黒玉個が
入っている。

操作は全部で3回行われます。袋Bには各操作後には必ず玉が1個だけ入っているので、まず、1回~3回操作後の袋Bの玉の色を、1回目、2回目、3回目の順に全て並べると、以下の8通りです。a.黒‐黒‐黒b.黒‐黒‐白c.黒‐白‐黒d.黒‐白‐白e.白‐黒‐黒f.白‐黒‐白g.白‐白‐黒h.白‐白‐白このうち、求めるのは、3回の操作後に、袋Bの中に黒玉が入っている確率なので、以下の4通りに絞られます。a.黒‐黒‐黒c.黒‐白‐黒e.白‐黒‐黒g.白‐白‐黒更に、袋Bに黒玉があるときは、袋Aには白玉が2個あり、交換すると、袋Bは必ず白玉になるので、黒が2回連続することもありません。それを除くと、以下の2つだけが残るので、その確率を計算します。c.黒‐白‐黒g.白‐白‐黒c.の確率:最初に黒が選ばれる確率は、1/3袋Aは白玉2個になるので、次に白が選ばれる確率は、2/2袋Aは白玉1個、黒玉1個になるので、次に黒が選ばれる確率は、1/2よって、確率は、1/3 x 2/2 x 1/2 = 2/12g.の確率:最初に白が選ばれる確率は、2/3袋Aは白玉1個、黒玉1個になるので、次に白が選ばれる確率は、1/2袋Aは白玉1個、黒玉1個になるので、次に黒が選ばれる確率は、1/2よって、確率は、2/3 x 1/2 x 1/2 = 2/12よって、3回の操作後に、袋Bの中に黒玉が入っている確率は、c. と g. を合計して、2/12 + 2/12 = 1/3初めBに黒玉が入っている場合、1回目の交換でBに黒玉が入る確率は02回目の交換でBに黒玉が入る確率は1/2…①初めBに白玉が入っている場合、1回目の交換でBに黒玉が入る確率は1/2Bに黒玉が入っている場合2回目の交換で入る確率は0Bに白玉が入っている場合2回目の交換で入る確率は1/2…②事象①が起こる確率は1/6事象②が起こる確率は1/12よって2回の交換後Bに黒玉が入っている確率は1/6+1/12=1/4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です