世界の巨大地震 マグニチュード10級の超巨大地震

世界の巨大地震 マグニチュード10級の超巨大地震。マグニチュード10級の超巨大地震
大阪で発生たら

大阪大震災か 「巨大地震」なぜ起きる。マグニチュードM9級の巨大地震は。なぜ起きるのか。東日本大震災を予見
できなかった反省から。その仕組みを探る研究が本格的に始まった。地殻変動や
断層モデルの分析…観測史上最大「チリ地震」から60年。地震の規模はマグニチュードで。東日本大震災を引き起こした年の巨大
地震と比べても約倍のエネルギーを持つ地球上での観測史上最大とチリ地震
で発生した津波は太平洋一帯に広がり。ハワイには地震発生から時間後に約
の大津波が押し寄せました。理由 超巨大地震の頻度が高い世界で発生した巨大地震。ちなみにまだ皆様の記憶に新しいと思われるに発生した東日本
大震災は。マグニチュード。最大震度を記録し。世界規模で位。日本で起き
た近年まれに見る最大級の規模の地震です。 筆者が住んでいる東京

マグニチュード10級の超巨大地震の画像。地球で起こりうる最大の地震はM10。エネルギーは。だった東日本大震災の倍超に相当する。 松沢教授は「
の地震が必ず起こるということではない。もし起こるとしても。万年に回程度
ではない世界の巨大地震。地球上に数個存在し。このプレートがずれることにより。世界各地で地震が
起きています。 日本は。4つのプレート北米現地時間南米
チリで発生したマグニチュードの超巨大地震。 この地震による震源域の長さ

マグニチュード10級の超巨大地震が大阪で発生したら大阪大震災ですか??oxa_333さん?「大阪」で発生する地震として大きな災害が予想されているのは、大阪のど真ん中 南北に走る「上町断層帯」が動く場合でしょう。「長期評価で予想した地震規模マグニチュード:7.5程度」※1ですので、この被害想定「死者数:約42,000人」などが参考になると思います。「阪神?淡路大震災」の被害を上回る想定※2ですので、「大阪大震災」となるかもしれません。※1:「上町断層帯」の「長期評価」は「S*ランク」です。『算定基準日 平成30年2018年1月1日断層帯名起震断層/活動区間:上町断層帯、 長期評価で予想した地震規模マグニチュード:7.5程度、我が国の主な活断層における相対的評価注3:S*ランク、我が国の主な活断層の中では高いグループに属する、地震発生確率 注1: 30年以内:2%~3%、 50年以内:3%~5%、 100年以内:6%~10%、地震後経過率注2:1.1-2より大、平均活動間隔?最新活動時期:8,000年程度?約28,000年前ー9,000年前注1: 確率値は有効数字1桁で記述している。ただし、30年確率が10%台の場合は2桁で記述する。また「ほぼ0%」とあるのは、10^-3 %未満の確率値を表す。注2: 最新活動地震発生時期から評価時点までの経過時間を、平均活動間隔で割った値。最新の地震発生時期から評価時点までの経過時間が、平均活動 間隔に達すると1.0となる。値は0.1単位で記述し、0.1未満の場合は有効数字1桁で記述している。また「ほぼ0」とあるのは、10^-3 未満の値を表 す。注3: 活断層における今後30年以内の地震発生確率が3%以上を「Sランク」、0.1~3%を「Aランク」、0.1%未満を「Zランク」、不明すぐに地震が起き ることが否定できないを「Xランク」と表記している。地震後経過率注2が0.7以上である活断層については、ランクに「*」を付記している。』※■政府 地震調査研究推進本部:「活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧2018年1月1日での算定平成」※2:「上町断層帯」地震の被害想定『被害想定詳細平成 内閣府によると、「 冬朝5時、風速15m/s」の場合?被害想定詳細平成 内閣府によると、「 冬朝5時、風速15m/s」の場合?死者数:約42,000人。内訳は、揺れ:約34,000人81%、火災:約7,500人18%、急傾斜地崩壊:約400人1%。参考 阪神?淡路大震災5時46分発生、風速3m/s以下における人的被害 死者数関連死含む 6,433人 ※ 消防庁発表107報 うち関連死を除く死者数は5,521人?建物全壊棟数:約88万棟。内訳は、揺れ:約56万棟63%、火災:約30万棟34%、液状化:2.2万棟2%、急傾斜地崩壊:約0.43万棟0.5%。参考 阪神?淡路大震災5時46分発生、風速3m/s以下における物的被害 全壊棟数 104,906棟 全焼 6,982棟 ※ 消防庁発表107報 瓦礫発生量 約2,000万トン』※[内閣府ホーム内閣府の政策防災情報のページ地震?津波対策中部圏?近畿圏直下地震対策]?なお、「8800キロの断層が20メートルずれ動くとマグニチュード10になる」ようなので、南北に約90km程度の大阪府ではマグニチュード8が最大規模ではないでしょうか。『世界最大級の地震はM10前後 5時18分 NHKニュース世界で起こりうる最大級の地震について、地球の大きさや地形から、最大でマグニチュード10前後の規模が考えられるという分析結果を東北大学の専門家がまとめました。この分析結果は、21日に都内で開かれた地震の専門家の会合で、東北大学大学院の松澤暢教授が報告しました。 それによりますと、地球の大きさや巨大地震を起こす可能性のあるプレート境界の断層の長さなどから、考えられる地震の規模は最大でマグニチュード10前後だとしています。 マグニチュード10は去年3月の巨大地震の32倍の規模で、これまで知られているなかで世界最大の1960年に南米チリ沖で起きたマグニチュード9.5の地震を上回ります。 例えば、北アメリカからカムチャツカ半島、そして、日本の南にかけての海溝沿い8800キロの断層が20メートルずれ動くとマグニチュード10になるとしています。 松澤教授は、こうした地震が起こると、揺れの長さは20分から1時間ほど続き、揺れが収まる前に津波が来て何日も続くことが考えられると指摘しました。 そのうえで「マグニチュード10が絶対、起こると考えている訳ではない。東日本大震災でマグニチュード8クラスまでしか起こらないと思っていたらマグニチュード9が起きたので、僅かでも可能性があるならば、どういうことが起こるか事前に理解しておくことは必要だ」と話しています。』気象庁「ホーム知識?解説よくある質問集地震について」「震源域とは何ですか? 地震は地下の岩盤がずれて起こるものです。地震が発生したときの岩盤のずれ断層が生じた領域のことを震源域と言います。一般的に震源域の長さはマグニチュード7の地震では数十km程度、マグニチュード8の地震では100~200km程度、マグニチュード9の地震で500~1000km程度です。なお、震源は岩盤のずれが始まったところを指すのに対し、震源域は岩盤にずれが生じた領域全体を指します。」大阪でマグニチュード10は起きないので心配しなくてよいです。マグニチュードと断層面の大きさには関係があり、マグニチュードが大きくなると断層面も大きくなります。マグニチュード8の地震の断層面の大きさは新潟県の面積ぐらいです。マグニチュード10ではこの100倍の面積が必要です。地図をみて、その断層をどう置くのかちょっと考えてみてください。内陸地震で大阪にも影響した地震の例が1891年濃尾地震です。岐阜や名古屋では大きな被害がでました。内閣府の資料もありますし、たくさんの本も出ているので、いちど調べてみるとよいでしょう。震源地の深度にもよりますね。一般に浅ければ、範囲は狭いものの、揺れは大きなものになりますし、深ければ、揺れは小さいものの、範囲は広範囲なものになります。マグニチュード10の地震が起きるためには,震源の断面が1300kmほど必要となります。大阪で言えば400kmほどの深さにある太平洋プレートの深部境界部のみで、日本海の中央付近から小笠原諸島の西方沖までが、100mほど動けばマグニチュード10となります。地表面までの距離が400kmほどとなりますので、震度7は確実ですが、計測震度での8.0以上は見込めないでしょう。震度7相当の被害が関西一円に広がりますので、大阪大震災とはならずに、関西大震災になりますね。なお、この領域部で大規模な地震が起きると太平洋プレートの境界面反射と直接伝搬の二十経路が生じて、東北地方の一部観測点では周囲より極めて大きな震度を記録する可能性かあります。そのため関西大震災ではなく、本州中央部大震災のような呼称となるかも知れません。揺れる地域で決まると思います、大阪だけならそんな感じでしょう。それくらいの規模なら隣県も揺れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です