マルガレーテ《完結》 オーバーロードてイビルアイプレアデ

マルガレーテ《完結》 オーバーロードてイビルアイプレアデス並み強いので第五位階魔法か使えないんか。オーバーロードてイビルアイプレアデス並み強いので第五位階魔法か使えないんか マルガレーテ《完結》。アインズのように気配の無い奇妙な不気味さもないので。間違いなく姿を見せた
フロスト?ドラゴンは自分より弱いだろう。第五位階魔法を使う相手と戦うと
思えば。即座に逃げてくれるかもしれなかった。 …フールーダの爺さんと。
その爺さんが使役しているデス?ナイトを呼んで来たらいけるんじゃないか?」
「…第六位階魔法を使える逸脱者に。第五位階魔法を使える吸血鬼。自分
よりも強いイビルアイに見つめられて。ヘジンマールはびくりとしながら返事を
する。オーバーロードてイビルアイプレアデス並み強いので第五位階魔法か使えないんかの画像。

オーバーロード結局誰が強いのか。第位階魔法は。二つしか使えない。しかしデミウルゴスの強さは。天才的な
頭脳にある。アインズでも考え付かない様な事を一歩二歩先を読んで行動『オーバーロード』とは。外見的な特性と人間種を蔑視しない傾向からか。人間社会に紛れて情報を収集
する任務を任されていました。武器を用いない純粋な格闘戦であれば守護者内で
トップクラスの戦闘力だとか。戦闘メイドのチーム「プレアデス」

オーバーロードのレベルには職業レベルと種族レベルがあります。合わせてその本人のレベルになります。ナーベラルは確かに8位階まで使えます。がLV63の彼女は職業レベルが62もあります。そのほとんどが魔法詠唱者のレベルです。ですがドッペルゲンガーとしてのレベルはたった1です。ナーベラルは本性の姿の他にあの黒髪ポニテの姿にしかなれません。ドッペルゲンガーとしてはポンコツなのです。職業の62+種族の1で合計レベル63です。一方イビルアイですが、きちんとしたレベルは不明ですが、職業レベルも種族レベルも満遍なく上げたタイプの編成です。魔法詠唱者のレベルはおそらく30前後くらいです。だから第五位階までしか唱えられませんが、種族レベルが20前後あります。だからヴァンパイアとしての能力もあり、空を飛んだりできます。イビルアイは万能タイプなんです。彼女は職業の約30+種族の約20で合計約50レベルあります。ちなみにおそらくですが職業レベルがレベル約30で第5位階ラキュースの職業レベルが29レベル約40で第6位階フールーダ の職業レベルが40超えレベル約50で第7位階レベル約60で第8位階ナーベラルの職業レベルが60超えなのかと思われます。ナーベは全て魔法職にふっている特化型です。だから魔法事態は他の同レベルのマジックキャスターより強いです。代わりに種族レベルが初期のままなので、スキルは何も使えません。ドッペルのわりにあの姿にしか出来ません。あの世界で種族レベルという概念があるかは不明ですがね。50レベルなら第5階位使えるだけでも十分ですよ。そもそもあの世界で第6とか第7とか使える存在はいません最適解がわかった上で、さらに「一系統特化型とすることでより上位の魔法を得る」ナーベラル?ガンマと、そもそも「レベル、職業ツリー、習得可能リスト」という存在を知らない現地産のイビルアイではそもそも前提となる条件が異なりすぎています。むしろその状態でプレアデス級のレベルまで到達できたイビルアイはかなり恐ろしい存在のはずです。相対的に見て高位シモベでけちょんけちょんに出来る程度という悲しさを背負っていますが…いや逆にレベル相応だと思う。ナーベラルが魔法職にガン振りしてるから第8位階まで使えるだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です