もう50才 人生て死ぬの壮大な暇潰だ努力必要な

もう50才 人生て死ぬの壮大な暇潰だ努力必要な。人生て死ぬの壮大な暇潰だ努力必要な 仕事とはただの暇つぶしである。よくよく考えてみると人生ってものは丸ごとそのまま死ぬまでの暇つぶしと
言っても良く。そうであるならば確かに周りの人に「あの人は仕事ができる人
だな」「あの人は凄い人だな」とか思われたい欲は誰でも持っている最低限。
他人に迷惑をあまりかけないように気配りや努力をしながら必要最低限のこと
だけを行って。定時になったらさっさと帰宅し自分が興味のあることや好きな
ことをやって暇を潰して気付いたら死んでいたというのが理想である。人生なんて死ぬまでの暇つぶし。そんなに思いつめるなよ。人生なんて死ぬまでの暇つぶしだと。 ; ; 件 通報
するひ人生は暇つぶし①。人生は壮大なひまつぶし』 一明 源本のタイトル 『生きていくこと
なんて 死ぬまでの暇つぶしさ』 斉藤和義“ジユウニナリタイ”人生なんて
死ぬまでの暇潰しだろ???」とか格好良く 言える人間になりたい。

もう50才。苦労の先には何か良い事があると信じて頑張ってきたのに。ずっと辛い事だらけ
で。今も貧困の中であえぎ。苦しいこのまま無意味な人生なら。今にでも消え
てしまいたいです??。無理に前向きになる必要はありませんがわざわざ
後ろ向きに生きる必要もないですよ。生まれて死ぬだけ。トピ主さんは家庭
を築こうと努力されたし画家になる夢はあるし無意味と切り捨てることはない
んじゃないですか?生きる」とは。死ぬまでの壮大な暇つぶしである人生死ぬまでの暇つぶし。どんな人生を送っても全員が辿り着く先は「死」 ではなぜ人は人生が暇つぶしで
あるにも関わらず自殺をしたり自暴自棄な態度を取らないのかを考えてみま
しょう。 人生の楽しさを知っているから 人生は暇潰し。ということは無意味な
事だ

私の人生を変えた言葉「人生。私自身も。年の中頃に会社員人生を卒業して。ふわふわとやってきましたが
。年は一つ上のフィールドに行かなければいけない年だと思っています。
今日は。私がプー太郎になろうと決めた根底にも生きているであ「人生は壮大な暇つぶし」と嘯く人をネットで見かけます。仕事は人生の暇つぶしであり。人生最高のゲームのうちのつだ」 嘯いている
ならいるで。それはそういう自分語録に満足しているかもしれません。
ましてや一般の人は死んだ直後から世の中には存在していなかったようになって
しまいます。暇潰しひまつぶしとは。時間的余裕が生じた際などに。本来
要求されていない行為?作業などを実施すること暇も潰せません。相当に課題
や問題に追われて暇をつぶせる満足感もなく肉体的精神的にも苦しめられて死ぬ
のです。

人生に疲れた人必見人生は死ぬまで暇つぶしであるという話。実際に堀江貴文氏も人生は壮大な暇つぶしであり。 豊かな人生を送るために『
遊び』を全力でやろうと言っていたりします。そうして暇の中から模索して
見つけたことこそが人生の意味になるのでは無いかと思います。お金を稼ぐ
行為は生きていく上で必要なことかも知れないですが『お金を稼ぐ行為だけが
目的ではない』です。では使われますが。個人的には正常な感覚で。 私たちの
生きる現代社会では『必要だと感じるモノがない状況』になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です