あなたの税金 故財務省消費税上げるこ必死なのか

あなたの税金 故財務省消費税上げるこ必死なのか。MMT理論よく喧伝されて、
当該理論すれば、
消費税0%て問題ないんじゃないか

経済学の素人すれば、素直そう感じ

問題ないするならば、 故財務省消費税上げるこ必死なのか 消費税率引上げについて。社会保障制度を次世代に引き継ぎ。全世代型に転換するため。年月に消費
税率が%から%に引き上げられました。 さらに詳しく 日本の財政状況
について社会保障など なぜ消費税かあなたの税金。今回。消費税率引き上げなど課題山積の来年度に向けて。その存念を聞く
とともに。一般にはあまり知られてい議員が参加する税調の議論の中でも。非
公式に行われるインナーやコアインナーの会合を必死に追いかける。や「○政
」「二重△」が。最終的に「○」になるのかどうかが焦点で。月上旬の税調の
議論には。議員だけで現在。財務省で税制を担当する主税局を取材。

財務省の逆襲:。「日本経済は年に及ぶデフレからようやく脱出しようとしている『病み上がり
』の状態であり。ここで増税するのは。経済に悪影響を与える」という反対の声
を押し切っての消費税増税です。財務省はなぜ。これほどまで強固な「増税路線
」故財務省消費税上げるこ必死なのかの画像。

財務省が持つ最大の武器は国税局を指揮下に持つ徴税権だと言えます。この徴税権で政治家であれ大企業であれ財務官僚は対等か、それ以上の存在意義を示すことが出来るのです。まあ政治家なんて逮捕された自民党の秋元司みたいな奴の集まりでしょう。金銭管理で国税当局に狙われて無事に済む奴は珍しいでしょうから、政治家を財務省の傀儡化することは容易いと思う。その財務省の最大の武器を存分に発揮するには、MMT理論が具現化した「簡潔な税制」の社会よりも、税制が複雑怪奇であることが望ましいのです。例えば今回も消費税増税と言う世紀の愚策に無能な政府与党が着手しましたが、アホの公明党の浅知恵で「軽減税率」が導入されていますが、この軽減税率が色んな場面で混乱を招いてますね。新聞には軽減税率が適用されていますが、しかしコンビニやキオスクなどで買う新聞には軽減税率が不適用になるなど本当に複雑怪奇な制度を作っています。このような複雑怪奇な税制が蔓延するほど税務調査で介入する余地を与えれるのです。そこから財務省の本領が発揮されるんです。例えば新聞には軽減税率が適用されている話題を出しましたが、誰もが生活必需品だとは思えない新聞に軽減税率が適用された真意を知っていますか。元財務省事務次官の丹呉泰健は退官後の天下り先が読売新聞社ですよ。読売新聞社から経団連やらJTやら官僚OBの得意技である「渡り」で、数億円の金銭授受を繰り返していますね。このように業界団体と利害関係を持つことで財務省などの官僚組織は退官後も悠々自適な生活を過ごせるのです。だからこそMMTのような財務省の利権を削ぎ落としてしまう理論は絶対に認めないのです。ここでMMTに関して三橋貴明氏が最近ちょくちょくブログで書いているので引用します。私は「リフレ派」に属するので、少しばかり三橋貴明氏とは見解が違う部分もありますが、大部分は同感します。上記のブログで「アンチMMT派」に対して反論を書いてますが、少し付け加えます。日銀の原田泰が「インフレになれば増税や政府支出を減らしてコントロールできると言っているが、現実問題として出来るかと言うと非常に怪しい」と発言していますが、この原田泰の無知蒙昧は死刑に値します。少なくとも約50年ぐらい前の日本では過度なインフレを完璧にコントロールしたんです。いわゆる「オイルショック」の話しです。以下に根拠を提示します。最後の方に『経済学者の伊藤修は「日銀の早急な金融引き締め、労使の賃上げ抑制、省資源?省エネルギーの進行、円高による輸入価格の抑制などが原因で、景気の落ち込みは軽微で済んだ」と指摘している。』と書いてます。オイルショックの時にはインフレ率25%も記録していますが、その後に急速に沈静化させているんです。このように過度なインフレを抑制した実績を戦後の日本は持っているんです。財務省はMMTの考え方を採っていないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です